もうすぐお正月!牧志公設市場で沖縄の伝統料理の食材がほぼ揃う!

こんにちは!牧志公設市場広報担当の玉寄です。
 
ロマンチックなムードなクリスマスも終わり、「もうすぐ寝るとお正月~。お正月には凧揚げて、コマを回して遊びましょ~」という童謡が頭の中で流れ始める時期ですね。・・・私だけでしょうか。
 
楽しくお外で遊ぶのもいいですが、美味しい料理が頂ける時期でもあます。
 
牧志公設市場といえば、那覇市民の台所と呼ばれるほど古くから親しまれており、代々伝わる沖縄の伝統料理にはかかせない食材が揃っています。ということは、沖縄の正月料理もここ牧志公設市場でほぼ揃います。
 
沖縄の伝統料理は、お正月や旧正月、清明祭(シーミー)、旧盆(ウンケー、ウークイ)など行事でお供え物として家庭で作られています。
 
 
沖縄重箱
 
正月に食べる料理といえば「おせち」ですが、沖縄の正月料理は他県とは異なります。写真のような重箱に数種類の料理が詰まっているのが一般的です。
沖縄重箱の中身は、皮付きの三枚肉、天ぷら、かまぼこ、ごぼう、こんにゃく、昆布、揚げ豆腐、お餅などです。また、お雑煮の代わりに、中身汁やイナムドゥチ、ソーキ汁が一般的です。
 
この沖縄重箱は、お正月に限らず、年中行事があるたびにこの重箱が活躍しています。
 
牧志公設市場 伝統料理
 
「沖縄の伝統料理といっても、“これが沖縄の伝統料理!”という決まりはないです。」そう話すのが、牧志公設市場の山城昆布店を営むカーコさん。
沖縄の伝統料理は、琉球王国時代からアジアの各国の影響を受け独自の発展をし続けた経緯があることから、今なお独特な食文化が根付いています。沖縄の伝統料理といっても、地域によって食文化が違っていたり、使う食材も異なり、調味料も目分量とされているので、これが沖縄の伝統料理という決まりはないそうです。代々続く各家庭の味が継承されて、今の沖縄料理があるそうなのです。
 
牧志公設市場には、カーコさんのような食材にこだわった店主さんがいて、質も確かなものなんです。その良さを知って牧志公設市場で食材を求めるお客さんがいるからこそ、今の牧志公設市場があるんですね!
 
牧志公設市場で手に入る沖縄料理に使われる食材を一部ご紹介したいと思います。
 
 
0573_001 img_6079
【かまぼこ】
古くから新鮮な白身魚をふんだんに使って作られる伝統ある食べ物です。
 
 
_dsc0695 0613_008
【昆布】
クーブイリチーや汁物、白身魚を昆布で巻く昆布巻きといわれる料理、昆布を結んで重箱に入れるなど沖縄の伝統料理にはかかせない食材です。
 
 
_dsc0646
【三枚肉】
赤身と脂身が交互に3層になっているので三枚肉と呼ばれています。塩漬けされた「スーチカー」も伝統料理のひとつです。
 
 
_dsc0687
【ごぼう】
沖縄料理の代表的なごぼうの煮付けやごぼう巻きも沖縄料理にはかかせません。
 
 
0786_003
【天ぷら】
本土の天ぷらとは違いフリッターのような天ぷらです。
 
 
_dsc0681 0592_002
田芋(ターンム)
ほんのりとした甘みと独特の味わいが美味しい田芋でんがくは、特にお正月に必須です。
 
 
0612_002
【中身汁】
祝い料理の代表的な琉球料理の一つです。中味とは豚の胃袋や腸などのモツの事です。
 
 
0783_001
【イナムドゥチ】
豚肉を使った白味噌で仕込んだ伝統的な汁物です。
 
 
_dsc0706
出汁をとるための乾燥昆布やかつお節なども揃えています。
 
 
_dsc0673 _dsc0676
 
もちろん牧志公設市場には島らっきょやしょうがなど沖縄料理にはかかせない、沖縄野菜も充実しています。
 
牧志公設市場の店舗紹介はこちらからどうぞ。
 
最近では、沖縄重箱を作る家庭が年々減ってきており、オードブルを注文したりする家庭が増えてきていることも事実です。
牧志公設市場は、どこか懐かしい対面販売を体験することができるのも大きな魅力。食材の詳しい情報や調理方法、他愛もない話などお店の人たちとの交流が生まれるのです。この沖縄伝統料理を風化させないためにも、ぜひ地元の若者にも来てほしいですね。
 
では、みなさん良いお年をお過ごし下さいませ。
そして、来年2017年も牧志公設市場をどうぞよろしくお願いいたします。
 
© Okinawa Convention&Visitors Bureau
 

他の記事も読む?

もっと見る >>