クエン酸で疲労回復!ローゼルを使ったレシピ3選

ローゼルアイキャッチ

こんにちは。PIALab.の田中です。

突然ですが、皆様最近疲れてませんか?

最近疲れてるな・・・と感じているあなたに是非ご紹介したいものがあります。

 

先日那覇にある公設市場を散策していたところ、青果屋さんでこんなものを発見しました。

皆さんはこれがなんだか分かりますでしょうか?
 
生ローゼル
 
私は完全に初めて見るものだったんですが、

ローゼルっていう実なんだそうです。

中二病をこじらせたイチゴみたいな形をしてますよね。

 

いきなりローゼルって言われても・・・な方が多いと思います。

では、ハイビスカスというとどうでしょう。

 

はい、皆さんの今の頭の中を当てましょう。

皆さんの頭の中で浮かんだのはこちらでしょうか?
 
ハイビスカス
 
当たりました?当たりましたよね?ね?

はい、サプラ〜イズ。

 

 

・・・はい。

実はお花のハイビスカスは、このローゼルを園芸用に品種改良したものなんです!

また、ハイビスカスを英名でいうとローゼルといいまして、

ややこしいので、実の方をローゼル、お花の方をハイビスカスと使い分けてるみたいですね。

 

ローゼルは、身近なところで言うと

ハイビスカスティーなどに使われているんですよ。

というと結構味が想像できる方も多いんじゃないでしょうか?

 

公設市場のお店のお母さんに聞いた所、

どうやらこのローゼル、塩漬け、ジャム、お茶、お酒などなど色んな使い道があるそうで、

その中から今回は「ローゼルティー」「ローゼルジャム」「ローゼルの塩漬け」の3つを実際に作ってみました。

 

と、その前に生のローゼルを使う際には、種をとるという下準備があります。

 

ローゼルの種のとり方

 
①ゴム手袋をはめます。
ローゼルには細かい毛が生えており、指に刺さります。
田中の手は無数の棘が刺さりました。お気をつけて!
 
②ヘタの先の方をぐるっと円を描くように切れ込みをいれます。
 
ローゼルの種の撮り方
 
③グッと種に包丁を差し込んで、てこの原理で種を抜きます。
 
生ローゼルの種のとり方2
 
④種取り完了です。
 
ローゼルの種のとり方
 
⑤種があるとエグみがでちゃうので基本的にはとりましょう。

※ジャムづくりには種を使う方もいらっしゃるようです。
 
種を取った後のローゼル

 
 

ローゼルティーの作り方

 
①お湯を沸かします

②ローゼルを2、3個カップに入れて上から沸騰させたお湯を入れます

これだけで、ローゼルの赤い色素がでてきます。
 
淹れたてローゼル
 
③2,3分くらい待ってるとこんなきれいな赤色に!お好みのタイミングでローゼルを取り出してください。
 
ちょっと置いたときのローゼル
 
飲んでみると、すっぱい!!!!!

クエン酸が豊富と言われているのも納得です!

もしもう少し甘いほうが好み、という方ははちみつを入れると美味しいですよ。

 

はちみつ

 

ローゼルジャムの作り方

 

【材料】

「ローゼルと砂糖は1:1の割合がいいよ!」と公設市場のお母さんがおっしゃってました。

・生ローゼル 50g

・黒砂糖 50g

・赤ワイン 適量

・水 50cc

 

【作り方】

①生ローゼルと水を入れて沸騰させる。

公設市場のお母さん曰く、

「ローゼルは細かくしないほうが食感が良いからそのまま入れるといいわよ」とのこと。
 
ローゼルを煮る所
 
②3分くらいでローゼルがしなっとなりますので、赤ワインを投入。少し煮立たせます。

③砂糖を半分くらい投入。混ぜながら煮立たせます。この時アクが出ますのでこまめに取ってください。

④混ざったかなというくらいで残りの砂糖を投入します。焦げ付きやすいのでこまめに混ぜてくださいね。

⑤トロみがついたかなっていうくらいで火をとめて煮沸消毒した瓶に詰めて完成!
 
ジャムローゼル

 

ローゼルの塩漬けの作り方

 
塩漬けにすると梅干しのような味がするそう。

混ぜご飯にするのも美味しいみたいです。

【材料】

・生ローゼル 50g

・塩 5g

【作り方】

①煮沸消毒した瓶に、ローゼルを詰めます。

②ローゼルの量の10%分の塩をふりかけます。

③ちょっと瓶を振ってならして完成。2〜3日で置いといたら完成!
 
塩漬けローゼル

 

 

私が今回ご紹介したものは乾燥させていない生のローゼル。

こちらかなり収穫時期が短くて、市場に出回るのは11月下旬〜12月いっぱいくらいだそう。

 

もし見つけたら是非試してみてください^^

 

他の記事も読む?

もっと見る >>