沖縄は豆腐文化も独特!ゆし豆腐と島豆腐の違いとは?

みなさんこんにちは。PIALab.の田中です。

突然ですが、沖縄に来ると、『ゆし豆腐』と『島豆腐』なんて言葉をよく目にしませんか?

 

どちらも沖縄のお豆腐なんですが、
先日ご紹介したジーマーミ豆腐はこちらは落花生でできたお豆腐でしたよね。(記事はコチラ

 

これに対し、『ゆし豆腐』と『島豆腐』は本州の豆腐と同じで大豆で作られているのですが、

この二つは一体どう違うんだ・・・と気になったので牧志公設市場で聞いてみました。
 
 


 

さて、沖縄NO1.の癒し系食材といえばゆし豆腐ですよね!ね!

二日酔い時とかに食べたくなりますよね〜!

 

ゆし豆腐とは、にがりを入れて固まりはじめた、型に入れる前のふわふわした豆腐のことです。
 
一般的に、『ゆし豆腐』は沖縄そばに入れて『ゆし豆腐そば』として食べたり、
下図の袋を汁ごとそのまま器に入れて食べる方も多いそう。(薄い塩味)
 
ゆし豆腐
 
これに対し、ゆし豆腐を型に入れて固めたものが島豆腐。

『島豆腐』は崩れにくいので、チャンプルーなどに使われたりすることが多いですね。

中にはチャンプルーは島豆腐じゃないと絶対嫌!というこだわりのある方も!
 
島豆腐
 
島豆腐を切り分けてるところ。
 
島豆腐を切るところ
 
島豆腐を分けてるところ
 
そんなわけで、

ゆし豆腐と島豆腐の違いは、にがりを入れた後に、固めるか、固めないかの違いでした。

 

そして本州の豆腐と沖縄の島豆腐の違いは、作り方がちょっと違うんです。
 
大豆を水に浸けてふやかし、ふやかした大豆と水を入れてすりつぶして呉を作るまでは一緒。
※呉とはおからと豆乳に分ける前のものです。
 
違うのは、煮るタイミング!!
 
本土の豆腐が、大豆をすりつぶした呉を煮てから絞るのに対し、沖縄の島豆腐は、呉を絞ってから煮ます。

生のまま絞ると熱に弱い蛋白質が消えないので、
島豆腐の方がより多く蛋白質が含まれているそうですよ。

 

沖縄では画像のように袋に入れて、温かい状態で販売されているのが昔ながらの光景です。

温かいお豆腐は本州だと規定があって販売できないので、
あったかいお豆腐が食べられるのは沖縄だけ!

 

ちなみに、「熱い」や「ホカホカ」を沖縄弁ではアチコーコーといいます。

『料理が出来立て』みたいなニュアンスで使われるそう。

 

牧志公設市場でももちろん購入できますので、

皆さんもぜひアチコーコーな沖縄のお豆腐をお試してみてくださいね!

他の記事も読む?

もっと見る >>